スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女

昨日、久しぶりに彼女に会った。

前回会ったのは8週間前、このブログを始める前の事だ。


5/11
つきあっていくことがしんどい。
少し考えさせて欲しい、と言われた。

「別れよう」ではなく「考えさせて」って事だったから
俺は納得はいかなかったけど、大人なふりをして、それに従うことにした。

そのときから2週間、メールも電話も我慢した。
2週間で我慢できず電話をしてみた。
出てくれなかった。


5/28
ちょうど1年前、彼女と付き合うことになった日だ。
無事にとはいえないけど、1年たったね、ということと、今の彼女への思いをメールした

返事はなかった。

6/8
会わなくなって1ヶ月たってようやくメールが来た
「今までずっと黙っててごめんね。明日電話していい?」
とのメール。
しんどいしんどい1ヶ月をのりきり、ようやく回答が来る。
といっても、流れからしていい結果に結びつく可能性は低い

そして、、、、

電話は来なかった。

6/11
仕事が遅くて電話が出来なかったとのメールが来た


そして、その後は連絡がなくなった

あんまりしつこくてもダメだと思い、週1回くらいメール、電話をしてみた

全然出てくれないし、返事もない。


すごく、すごく、つらかった


なんだろう?
俺のことが本当に嫌いなのか、
ひょっとして、病気??うつ病とかになっちゃってるのか?
なんで連絡をせずに、平気でいられるんだろう、優しい子だと思っていたのは間違いだった?

相手と連絡を取れず、相手の考えがわからずに毎日考えていると、
相手は美化もされるし、悪くなることもある
もう、俺の中の彼女と実際の彼女が違ってきているかもしれない。

そして、彼女のことを考えるだけで、息切れしてくる、そんな感じになっちゃった。


7/6
昨日のこと。
思い切って彼女に会いに行くことにした。
会おうよってメールも、しっかり無視されちゃっているので、もちろんアポ無し。

ちょい遠距離なもんで、彼女の家まで2時間ちょっとかかるんだよね。
でも、待っててもダメだろうし、
行くしかないと思った
本当に、行くしかなかったんだよ。

電車を降りて、彼女への家へ向かった。
彼女の家の前で、彼女を見つけた。
買い物袋を持って、ちょうど家に帰るところだった。

見つけた瞬間彼女の元へ走っていた。
後で考えると、なんで走ったかわからない。
道路を渡ったが、車は確認していなかった
タイミングよく車が着たらバッチシひかれていた、かも。

そして
走る足音にビックリして彼女が振り向いた
そして俺だとわかると、もう一度ビックリした。

俺は、、何か声をかけた。
なんて言ったかな?
昨日のことなんだけど、覚えていない。
心臓がバクバク言っていた

家にはあげてくれないみたいなんで、彼女が荷物を家に置きに行くのをマンションの下で待った
そして彼女は降りてきて、ゆっくり話を出来そうな、お店に行くことにした。

2時間くらい。話をすることが出来た。
彼女の考えがようやく、わかった。
前回も彼女は説明をしてくれていたとは思うが、よく理解できていなかった。
今回じっくり話をして、ようやく彼女の言い分が分かった。

そして、俺の思いも話をすることが出来た。
つきあってきて、初めて腹をわって話をすることが出来たかもしれない。
今まで、お互いに相手を思いやり、傷つけないようにしていたのかな、
お互いがお互いに気を使っていた

たぶん、そういうところは似てるんだろうと思うけど、
俺は、自分に気を使ってくる人には気を使っちゃう。
どちらかがもっと深く入り込もうとしなければいけなかったのに、
それができなかったんだね。


彼女は、冬頃から悩み始めてて、それを俺に相談することもなく、ぶつけることもなく、

決断してしまった。

俺とつきあっていくことはできない、という決断。

俺は、彼女がその決断を固めていくことに、、
全く気づかなかった。
彼女のサインが見抜けなかった。

でもね、それは今まで、過去の自分だ。
今回、こんなことになって色々考えたし、彼女を説得するためだけど、深く話をすることも出来た。
自分の思いを相手に伝える、そんな簡単なことを今までの俺はできなかったんだ。
それが、今回の件で、少しづつできるようになった。
彼女のサイン、次は見抜けるんじゃないかな。

成長だね。

俺、成長したね。 
人との付き合い方、彼女との付き合いに限らず、人付き合い全般あまり得意ではない。
そう思って生きてきたけど、
今回、俺が経験したことをみんなもっと若いうちから経験してきたんだろう
俺は、30になっていまさらだけど、今回の経験をで、初めていくつかの気づきがあった。
まだまだ、レベルは低いけど、人として少しづつ成長できたんじゃないかな、と思っている
小さい成長だけど、小さい成長をくりかえし、人は大きく成長する、、、んだろう。

色々話をしたけど、
彼女の決意はそうとう固いらしい。
今回も、仲直り&ハッピーエンドには持っていけなかった。
とりあえず、保留。 ということかな。
まだ、別れへんで~ あきらめへんで~


でも、彼女と話が出来てよかった
何もかもがわからなすぎて、混乱していたけど、
少しスッキリした。

後は、彼女の決意をどうほぐしていくか、
俺が、どう成長できるか、

考えて考えて考えて、生きていこう

散髪

昨日、散発した。スッキリサッパリ♪

いつも1ヵ月半くらいで散髪屋に行っている
それ以上は頭がもじゃもじゃして切りて~~~ってなってしまう

みんな散髪はどうゆう風に選んでるんだろうね
散髪のうまさもあるけど、やっぱり1時間くらいそこに滞在するわけだから、
そこにいる時の居心地のよさって重要だよね

散髪屋さんと会話が盛り上がると楽しいって思うときもあるけど、
別にしゃべりかけてこないこなくていいよーって思うときもある。

昨日行った散髪屋さんは今回で4回目くらいかな。
今の場所に転勤してきてようやく落ち着ける場所がみつかったんだけど、
いつも切ってくれてる人が休暇に入っちゃったみたいなんよね
で、今回は初めての人。
がんばって話しかけてくれたりするんだけど、前の人が良かった~って思っちゃう。

今行っているとこは、1度話をしたところをしっかりメモってるみたい。
個人個人のカルテがあって、そこに話をしたことを書いてあるみたいなんだけど、
ちょっと見てみたいね、俺のカルテ、なんて書いてあるんだろう?
でも、すごいよね。相手の興味のある話題を探り出し、忘れないように記録して、
楽しい時間をすごしてもらおうっていう、なんだろう、情熱を感じたよ

俺は、会話をするのが得意じゃないって思うけど、
散髪屋さんは得意不得意なんていってられないよね
常に楽しい会話をする事を考えていかなきゃなんだろうね

俺もそういった情熱を持って1人1人と接していけば、
もう少し会話のキャッチボールできるようになれるのかな~

と、妄想中。
でも、考えるだけじゃダメよね。
どんどん人に会って話しなきゃ!

がんばろぞ。

日露戦争物語

「20世紀少年」の次は、「日露戦争物語」にしてみました。
こちらを選んだのもまぁなんとなく。
なんとなくといっても、昨年読んだ司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んで
歴史って面白いかも! って思ったからかな。

理系で、社会科はあんまし勉強してこなかったけど、歴史って微分積分とかを勉強するより
ためになるかもって、いまさらに思ったりした。
特に近代史。海外旅行をするにしても世界でどんなことがおこってきたかは
勉強したほうがいいって思う。
でも、学校での勉強って昔から順を追って勉強して、近代史は最後にさら~っと終わらせて終わり
だったよな。テストにあんまりでないから重要じゃない、子供の頃そんなイメージだった。
他の国とのあり方を考えたりすると重要な気がするけどね。
近代史でも戦争が大きなテーマになるけど、近代の戦争を書くのは、
当事国としてはどちらも正義を貫こうとしているわけで、教科書として作るのが難しいんだろうね


今、日露戦争物語読んで、まだ5冊目。
日露戦争で活躍する秋山真之のお話。
6歳の頃から物語が始まって今20歳ちょっと。

読んでて感じたのは、人のエネルギー。
現代の人は、勉強するのは子供の仕事、と割り切って好きでもない勉強を無理やりしてる
って感じだけど、この頃明治の初めの頃は、西洋化が始まり急激に近代化していくなかで、
子供も、でっかい仕事してやるって、一生懸命勉強をしている。
なんだかエネルギーを感じる。

やっぱり何かをなすにはエネルギーが大事だし、そのエネルギーを持続させるのは難しい
明治の当時は国が1つの方向を向いていたからみんながネルギーを持っていたし
みんなのエネルギーが刺激しあって成長していったんだろうね

今を考えると、目指すものがわからない。
個人にしてもそうだし、国にしてもそうなんだろう。

そんな俺も、どこを目指しているんだろう。
目指す場所が見えているのと見えていないのでは、
そこへ行き着くためのエネルギーは全然違ってくるし、成長のスピードも違うんだろうな

とは考えつつも、ゆる~りゆる~り、目指す場所を模索していきましょぉ

20世紀少年

最近、近くにTUTAYAがオープンした
コミックレンタルがオープンキャンペーンで、1冊35円だって!
コミックレンタルなるものは、家の近くにはなかったんで利用したことはなかったんだけど、
早速利用してみたよ

本を読もう!!

と言って最初からマンガかよ~って感じもするけど・・・

特に前から気になってたわけでもなく、映画化の話も知らずに、
ランキング上位の本をさら~っと見て、適当に選んだ本

それが、「20世紀少年」

予想以上に面白くって1週間で全24冊読んじゃった

子供が思い描く、「世界征服をたくらむ悪者とそれに立ち向かう正義のヒーロー」
それが現実に起こっちゃった、って話。
1970年頃、2000年頃、2015年頃と主に3時代を背景にしてるんだけど、
主役のケンヂの大人の時代、子供の時代が交互に描かれ、少しづつ少しづつ重要なことが出てくるんだよね
あーそういうことか、って思いながら読み進む感じ


なんだか、、うまく表現できないな。
おもしろかった!ってことを本当に面白そうに話が出来る・・・
それって俺にはけっこう難しいみたい

まぁ目指すところがあれば、いつかはそこにいけるっしょ。


危うく

4日坊主で終わりそうでした
全然変わってないじゃん

がんばれ! 俺!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。